当たる四柱推命 伊勢流陰陽五行学の重要な理論である陰陽五行とは?

運勢・性格は生年月日・時間から割り出したます。四推命命式は、干支を陰陽五行に当てはめて読み解いていくものが四柱推命です。

陰と陽

陰陽論 天地万物は、すべて「陰」と「陽」から成り立っていると考えます。

その陰と陽とが交互に顕れる、これを二元論といいます。 これは、世の中の事象すべてがそれだけで独立しているのではなく、「陰と陽」という対立した形で出来上がっていると考えます。

男女、明暗、冷熱、乾湿、火水、天地、上下、凹凸、剛柔、左右、善悪、内外、昼夜、強弱、大小など。人間の精神は、天の気=陽で、肉体は地の気=陰。 生は、その精神と肉体の結合であり、死は、両者の分離であると説いています。

陰と陽は、お互いに伸長を繰り返し、陽が極まれば陰が萌してくるというように、新たな発展を生むという考え方です。

陰陽と易の関係

陰陽理論は、のちに「易」としてまとめられ「易経」となりました。 その根本原理は、下記の対極図です。 この図は、冬至から夏至、夏至から冬至へと「時」が移り変わる原理を示したものです。 冬至はこれ以上太陽が弱ることはなく、弱さの極みに達した時点で、その瞬間から次第に太陽が強くなっていきます。

夏至は、これ以上太陽が強くなることはなく、強さの極みに達した時点で、そこからは陰(月)の勢いが強くなっていきます。 「陰極まれりて陽と兆す。 陰極まりて陽と兆す」というくだりは宇宙の定理を示したものです。

陰陽論の起源

この陰陽論は、中国で始まったものではないという説があります。紀元前5世紀ごろには、中央アジアのパミール高原の遊牧民族が知っていたようです。 海抜何千メートルの高地で見る夜空には美しい月と星、昼には刻々と輝く太陽はどこまでも近かったということです。 つまり、陽と陰の入れ替わる姿で、人々は地球を知り、生きることができたのです。

そこから西へ伝播してギリシャ哲学に結びつき、東に伝播してインド・中国哲学に至ったという事です。 ほとんど同時代にギリシャ哲学、中国哲学が「陰陽論」を唱え、「五行論」までも唱えていたそうです。

五行論 中国の古典「書経」や「左伝」によって説明され、以後学問的に研究され成立しました。 天地万物は、突き詰めてみれば全て「木」・「火」・「土」・「金」・「水」の五つに分類できるという思想です。

五行学

陰陽論は遊牧生活でも活用されていましたが、五行論は農耕生活の発達と共に発展することになります。 農業は、四季を意識することなしには営めません。よって、春・夏・秋・冬をそれぞれ木、火、土、金、水に分け、その変わり目を土として生活のスケジュールを立てて生きていました。

これによって「天」つまり「宇宙」というものの仕組みを知ることとなり、五行論として成熟して今に至りました。

相生・相克・比和 上記の図をご覧ください。

木・火・土・金・水は、単に分類するだけでなく、一定の法則に基づいて関連しあっています。 その一つが「相生」の法則です。 外側の青の矢印が、それに当たります。 木から順に火・土・金・水と「時」の経過する順序を示します。 木が火を生み、火が土を生む。

土が金を生み、金が水を生む。という巡りになっています。

次に内側緑の矢印、「相剋」の法則です。 これは、すべてのものに「存在意識がある」というものです。 「剋」には他をコントロールする働きがあり、挑むという意味もあります。

例えば、「木」は土から栄養を吸い取るため、土は弱ります。しかし、木が根を張ることによって、土に酸素を供給するので土が元気になります。 また、「金」お金属が木を切ることにより、木を剋します。しかし、木を切ることによって「木」が道具に変わります。

このように、良い働きかけという意味もあります。 「比和」の法則 これは、同じエレメントをプラスすることにより、そのエネルギーを補充する働きとなります。

このように、天地万物は全て五行分類され、そのひとつひとつに「陰」と「陽」があり、相生相剋の法則にしたがっているのです。 これが、陰陽五行論の基礎的な考え方となります。

ボタニカル風水は、陰陽五行を応用した植物開運メソッドです。

伊勢陰陽五行学の鑑定について

案外皆さん、自分自身の事を知りません。「私ってどうしてこんな性格なの・・?」「あのひとみたいになれたら・・」などと悲観していませんか?

じつは、前に進むべき「時期」というのがあります。転職に向かない時期もあります。時期を見誤ると後に後悔が待っています。

その「時」を読み解くのが伊勢流陰陽五行学です。易と陰陽五行学を融合した現代四柱推命で、適切な時期を見極めることできる四柱推命なのです。

人生の羅針盤としての伊勢流陰陽五行学

人、事象、時の流れがすべて読み解けます。物事には必ず裏と表があり、憧れのあの人にも欠点があります。 「誰にでも合わせられる人」はイコール「八方美人で自分がない人」とも捉えることができます。

また、人は十人十色。 持って生まれた性格があります。 持ち前の性格にそぐわない行動はストレスになります。向かない職に就いてもストレスしか感じないでしょう。

本来の自分を知ることができれば、「この職は向いていないのだ」と割り切ることで出来るでしょう。現在のストレスまみれの状態に、さっさと見切りを付けて前に進むことができるでしょう。

一日一日をどう生きたらよいか

毎日を生きるとは、選択の繰り返しだと思いませんか?
過去の一瞬一瞬の決断が、大きい事でも小さい事でも、現在の状態を作っています。

なんだかわからないけど苦しい・・・

  • もやもやする、私このままでいいの?
  • 私の将来はどういう道を選択すればよいの?
  • もっと開運したい

見えない糸に引っ張られている感じがするけど、それをうまく活用したい。

責任のある立場だから

このまま終わってしまうの?と人生に迷ってしまうことありますよね?また、一世一代の買い物をする時、今買ってその後自分は家族を養って行けるだろうか?

  • ローンのリスクを取れるか?
  • 仕事は今後どうなるのか?

など、いろいろなことが頭をよぎるのではないでしょうか?責任感が強い方はなおさらです。

人生の一つの節目・・「結婚」
  • 彼、彼女はいつできる?
  • 結婚を考えているけど、この人でいいのか?
  • いつごろ結婚できる?
  • ずるずる付き合っていてこのままでいいのかしら?
  • 別れたくても別れられない、どうしよう・・・

など、人生のターニングポイント、運命の時期、タイミングを、どう判断していいかわからない時。経営者様ならご自身の今後の運気が気になります。

運命の波に上手に乗るには
  • 現状が好調であれば、何時までこの好調が続くのか?
  • 運が良くなければ、何時この苦境を脱することができるか?

これらの問題に、伊勢流陰陽五行学ははっきりと道を示すことができます。

仕事、人間関係、金銭、恋愛、夫婦、健康についてなど、漠然とした不安があると前向きになれない時があります。過去・現在・未来の運と、普段は見えづらいご自分の事が良く分かるようになります。伊勢流陰陽五行学は、あなたの人生の羅針盤として寄り添います。

仕事や人間関係、これからの方向性、恋や結婚、子育てなど、あなたのお悩みにしっかり寄り添います。「こんなに気持ちが楽になれると思いませんでした!」このように 鑑定を受けた方から続々と喜びの声を頂いています。

お客様の声はこちら

お気軽にお問い合わせください。080-6651-9529受付時間 10:00-20:00 [ 木曜除く ] 対面鑑定17:00まで

四柱推命 風水鑑定のご予約はこちらから