2018年運予報Ⅱ 世の中と経済

立春が過ぎ、いよいよ2018年のエネルギーが稼働し始めました。

 するとどうでしょう?

 ホームページのブログに年末から書いておりましたことが、当たりました。

『年末までは円安、株式も上昇基調。 年明けから下げますから、今のうち利食っておきましょう。

 

2018年は上値が重いですよ。下げますよ。』

 

このように書きましたら、なんと、火山爆発のような、とんでもない下落でした。

溶岩が流れ落ちるように、株価も下落しました。

 

私の株は大丈夫かしら?

 

パニックになっている方もいるでしょう。 現物取引でしたら、まあ塩漬けでもよいかもしれません。

でも、信用取引でやっている方は、相当厳しい状況でしょう。

どちらも、相場は大きく下げた後は、必ず戻りがありますから、下げたからといって慌てずに値動きを見極めましょう。

下落の底で損切りしないようにしたいものですね。

また、不動産関係も今後最低2年間は厳しくなると思います。

証券会社のアナリストや予想屋が全員強気発言でしたから、この急展開にきっと世の中の人たちはびっくりしていることでしょう。

経済界の重鎮も青くなっていると思います。(一部を除いて)

でも、過去のバブル崩壊と株価大暴落は、みんながみんな、強気予想をした後すぐに起こりましたよ。

ですから、不動産も同じように下げていくはずです。

ただし、前のバブルとは違い、今は最後の膿を出す時です。

2020年から新しい時代の幕開けです。 天皇陛下がご退位なさるのも、きっとそういったことを見越して決めていらっしゃると思います。

だから、この2年が我慢のしどころのように思います。

また、台湾でも地震が起きたように、今年は大地震のリスクが大きいと思います。4月、10月は注意したいところです。

2月は18~19日 3月2日~3日は、どこかしらで地震があるかもしれません。