引っ越しと風水 契約のタイミングⅡ

引っ越しと風水 契約のタイミングⅠの続きです。

 

どんな間取りが風水に良いの?

風水には、陰と陽のアプローチがあります。

環境からの影響。=外=陽

部屋の間取り。=内=陰

また、周りの建物や家に向かってくる構造物を巒頭(らんとう)といいます。

部屋に巡る風水エネルギーを、理気(りき)といいます。

環境(らんとう)の部分は、玄関前の道路の状態や、近隣の住宅との関係。

大きな建物などが風水に関係します。

スカイツリーなども、風水に大きく影響しています。

そして、家の間取りや部屋の使い方。

 

どこに水回りがあって、どこを寝室に使っているか。

家の中を巡る、見えないエネルギーを推察するのが理気の風水です。

風水師が言っている「風水」というのはこの二つです。

いくら家の中の風水が良くても、外の環境がマッチしていなければ、かえって悪い風水の家になってしまうのです。

理気=見えない風水エネルギーは、どこを見るのでしょう?

それは家の築年、玄関の位置、リビングや寝室の使い方、キッチンや水回りの場所などです。

風水が吉のエリアには、玄関、リビングや寝室、キッチンがあると吉作用が現れます。

凶のエリアには、トイレやバスルームなどがあると、凶作用を流してくれます。

反対に、吉のエリアに水回りがあると、せっかくの吉作用が全部流れてしまいます。

凶エリアに玄関、リビングや寝室、キッチンがあると、凶作用がストレートに表れてしまうのです。

ケンカが絶えない、浪費ばかりする、会社でトラブル続き、浮気、等々が起こりがちです。

環境も良くて、家の間取りも良い風水。

そんな良い条件の風水の家はあるのでしょうか?

完全な風水の家はない。 ただし、外せないポイントが・・・

じつは、完全に良い風水の家はないです。

ただし、外してはならないポイントがいくつかあります。

家の中の風水でいうと、寝室と玄関の風水が良い事。

これは絶対条件です。

健康運を司るのは寝室です。 

悪い風水の場所に寝ていると、よく眠れないばかりか、どんどん調子が悪くなります。

土地の磁気の影響が重なると、がんになります。

また、玄関は氣の入り口です。 

お金のエネルギーも玄関から入って来ます。

 

玄関が良い風水だと、金運の良い家となります。

玄関と寝室。

この二か所のポイントを押さえて、凶の部分を最小限にするのが、風水師の仕事なのです。

吉エリアに水回りがあると、対処のしようもありません。

氣の漏れを最小限にすることはできても、その家を「吉運の家」に変えることはできないのです。

このような風水の仕組みから、同じ広さで同じ間取りであっても、水回りや部屋の用途により吉凶が正反対になってしまうのです。

マンションの例では、同じタイプの間取りがありますね。

ただし、反転していて水回りの場所が変わっています。

良い風水の家が、反転することで凶の家になってしまうのです。

風水の良い家に引っ越したい。 どうしたらいい?

良い風水の家に入るには、どうしたら良い?

信頼のおける風水師に、お目当ての物件を見てもらうことです。

「信頼のおける」というのがポイントです。 

どこかで習って来たノウハウを、よく検証もせずに「風水師」ですと謳っているところがあります。 

見極める目を持てると良いですね。

風水は面白いほどに象意(結果)が出ます。

間違ったアドバイスされてしまったら、開運どころかもっと状態が悪くなってしまいます。

くれぐれも注意してくださいね。

もし、風水師に頼んで状態が悪くなったら、すぐに元の状態に戻しましょう。

見えない氣を扱うので、風水師も間違えることがあるのです。 

おかしいなと思ったら、すぐにそのことを伝えましょう。

それで改善方法をアドバイスしない場合、その風水師は、その他の方法を知らないのだと思います。

良い運気の時に引っ越しをする

その人の「運気が良い時期」を選ぶという事です。

良い運気に物件を契約すること。

良い運気を、奇門遁甲で観るのも良し。

私は「時」を読む四柱推命で、運勢を観ていくことをお勧めします。

「時」を読み解く四柱推命鑑定士は、本当に少ないです。 

契約に適した運氣が必ず巡って来ます。

きちんと運を読み解いて、最適な時期を選びましょう。

そのタイミングで契約をすると、今後が良くなっていくのです。