節分の日に伊勢会の新年会2019年はどんな年?

今日は節分ですね。豆まきはしましたか?明日から新しい年になるので、節分に豆をまいて前の年に溜めた古いものを祓うのが良いのです。その時、大きな声を出すのは良いことです。

言霊のエネルギーもさることながら、大きな声を出すの息=声を通して体の中の邪を祓うのに良いと思います。

春のような暖かな節分の日。伊勢会29回めの新年会が明治神宮フォレストテラス欅の間で行われました。今日の参加者は、総勢60名弱。とても盛大な会となりました。明治神宮のフォレストテラスはできたばかりで、とても綺麗で大きな窓から注がれる日の光が春を思わせます。緑と光のコントラストに癒されます。

私は、新師範の授与式の際の証書渡しを担当させていただいたのですが、なにせ慣れないことで緊張しました。今回、師範鑑定士となられた方々は13名でした。

伊勢会のノウハウは優れているので、短時間で運まで見れるようになります。運を見れるようになってからも、学びを深めるために先生のビデオ講義で勉強します。

とりあえず一通り教えた後に、実地で学びを深めるのが伊勢先生のやり方です。何年かかっても運を見れない流派がたくさんある中、このやり方はとても合理的です。

アメブロでつながっている藍さんと初めてお会いしましたが、とても優秀な方だと思いました。新師範になられた皆さまも、どんどん実地の経験を踏んで伊勢流陰陽五行学を自分のものにして行っていただきたいと思います。

明治神宮は緑が豊かで、特に今日のような暖かな日は参道はとても良い氣に満ち溢れていました。最近の神社はどこもですが、外国人観光客でいっぱいです。また、内外の客問わず参拝客が多くなったせいか、幾分氣が乱れているように感じました。

それはなぜか? 明治神宮の鳥居前はいつのまにかカフェができていて、新しく建ったフォレストテラスは2階の宴会場以外に、階下ではお土産屋やレストラン、カフェがあり出店までありました。甘酒やお饅頭なども売っていて、さながら観光地のようです。

明治神宮は有志の人たちが作った神社だそうです。管理するにもお金がかかります。苦肉の作なのでしょうか?でも、新年会のサービスは良く、お料理もとても美味しかったですよ。上記の写真は料理の一部です。

2019年は、私もお伝えしているように、何か新しいことをやるのに適した年です。それプラス伊勢先生は、これからは内に向かうエネルギー、女性エネルギーが本格的に活発になってくる年とのこと。

拡大路線はいまや時代遅れ。人=「人財」を大切にする企業が残ってくるとのこと。2020年はガラッと変わるよ。とおっしゃっていました。

明日から本格的に2019年が始まります。あなたはどんな一年にしますか?