今月の運予報2019年1月6日~2月3日世の中の動き

今日は小寒です。冬至で陰の気が極まり、陽が芽生え始めた次のタイミングです。今月は春への準備期間ですよ。

とはいえ、まだまだ寒く、小寒、大寒と「寒い」という文字が二十四節気に表れています。穏やかなお正月が、一変して冬模様となったのも偶然ではありません。今日の箱根は雪とのこと。私の住む横浜南部の沿岸地方も普段の温暖さとは打って変わってとても寒いです。

さて、今月は世の中がどうなるでしょうか?

先月は、予想通り色々なことが起こりました。特にアメリカで何かが起こっている様子です。また、下記にも書きましたが、株式相場が大暴落しました。

日本ではお正月早々の熊本地震。またもや熊本です。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

暦が変わった今月は、節分までは穏やかに推移していくでしょう。人々も、保守的な考えが中心になって、冒険するとか奇抜なことをする気持ちが少ない一か月となるでしょう。

世の中は「不正を正す」「不正を許さない」そういった風潮となり、内緒にされてきた情報開示や不正の内部告発などが起こりそうです。

企業と働き手の動き、政治の世界にも注目です。

相場観

好調なのは昨年12月初旬までで、それ以降年末までは良くないですよ、早めに手じまいしておきましょう。とブログに書きましたが、案の定すごい下落となりました。

円も大幅に円高に振れ、信用取引を行っている方は大変な損失となったでしょう。

明日から本格的に取引が始まりますが、2月節分までの一か月間は、下に振れた分の戻りが多少あり、ひとまずは落ち着いた相場となるでしょう。

2019年は、はじめの一歩のそのまた準備期間になります。これまでの古いものが崩れ、新しくなりつつある年が今年です。

何かピンとくるものがあれば、これまでのものをいったんリセットして新しいポジションを作るのもよいかもしれません。

先に記したように、内部告発や情報開示があるので、不正なことに関与した企業は今後衰退することになります。

この予想はあくまで個人的な見解です。お取引はご自身の責任において行ってください。

お知らせ

開運自分暦が好評です。

一人一人の運を見て日、月、年の運を鑑定しています。非常に手間がかかるためあまり多くはできないのですが、毎年お喜びいただいています。今年はデラックス版になっており、運をよりよく引き寄せるための新月のワークシートと開運の秘訣のレポートをお付けしています。

また、今年の運を年始めに確認するのにも開運自分暦が役立ちます。最適な時期と避けたい時期を割り出しているので、今年の目標が立てやすく、確実に成果を上げたい方にお勧めです。