7月7日から8月7日までの運気

今日は七夕です。

日本の伝統的な行事とされている日は、節気といって暦の切り替えの時期に当っています。

7月7日は二十四節気で「小暑(しょうしょ)」といいます。

暑さが増し、夏本番を迎える頃です。

この時期、水分バランスが崩れ、むくみや重だるさを感じたり、頭痛がひどくなったりします。

むくみや重だるさには、身体の水はけを良くする利尿効果のある食材を摂りましょう。

きゅうりなどの瓜類はこの時期お勧めです。

冬瓜はスープや煮物に、白瓜はキュウリよりえぐみが少なく、サラダや和え物が良いです。

また、脂っこいものは極力控えて、薬味系の食材(みょうが、ショウガ、ネギ)を添えましょう。

この時期なりやすい不調を緩和してくれます。

また、胸のしこりや、女性特有の重大な疾患を気にする方が増えるでしょう。

男性は、前立腺の不調や、精力減退に注意です。

さて、今月の世の中の運気はどうでしょうか?

相場は今月に年末にかけての方向性が出てくるでしょう。 個別株は会社の運気を観なくてはなりませんが、日経平均は、今月の動向が今後の方向性を決めていくことになります。

私は上方向と予想します。

ドル円相場は、円安方向に動きそうです。

また、今月は起こった事は今後に響きそうです。 些細なことが大げさになるなど。